太陽光発電
×
農業
×
地域創生

農業に限界はない

農家が安定して作物を育てるということは想像以上に大変な仕事です。農業では収入が少なかったり、いま農業に携わる人達の高齢化などの理由だったりと日本では農業離れが叫ばれています。農業を続けながら収入を増やし社会に貢献できる。それが農地での太陽光発電という可能性なのです。
太陽光発電で
変わる常識

米の売値は比較的安く農機具や肥料の購入費をまかなえず赤字になる農家も多いといいます。そこで農地を立体的に利用し、水田の中に太陽光発電のパネルを支柱で設置するという方法で現在農地をお持ちの皆様を収入面でバックアップができるのではと考えました。これは新規就農者への起爆剤ともなり、後継者不足の解消、ひいては雇用の創出にも繋がり、農耕放置地や遊休農地等の有効活用にもつながります。

日本エネルギーの
り札
農業人口の不足とエネルギー不足が叫ばれる昨今、その両方を同時に解決できる方法のひとつとして自動2軸追尾式太陽光発電システムの農地での設置というやりかたがあります。これからの日本は自分の土地で自然と共生しながら発電し、それをシェアしていく時代になっていきます。

世界
新システム採用
エナトラッキングシステムは、よく見かけるようになった固定式のものや1軸式の一定方向への動きのものでなく、フレキシブルに可動する2軸式を採用しています。天候に強く耐久性と安定感があり、光センサーでリアルタイムの太陽光の高さ及び角度を追尾して自動的にベストな角度で発電することが可能になりました。

農業への課題を
新しい方法で
農業だけの収入で農家を続けることが難しい等の理由で廃業を余儀なくされたり、先行きの不安で新規就農者の獲得が難しくなりつつあります。しかし農業だけでなくその作地で同時に発電ができれば、後継者不足や耕作地放棄問題解消、遊休農地等の有効活用にもつながっていくのではないでしょうか。

自動2軸追尾式太陽光発電(エナトラッキングシステム)が
他と違ってナゼ[良い]のか

01


一日中太陽光を
自動追尾

02


農地活用で
ダブル収益

03


スマホやPCで
遠隔監視


>エナトラッキングシステムについてもっとくわしく見る

※エナトラッキングシステムは株式会社エナテクスの商標登録です

エグテックは長年地元でご用命をいただき
公共施設・医療機関・会社・ご家庭での施工実績が多数あります
電気のことで困ったら
しっかりしたトータルサポートとアフターケアの
エグテックへこれからも是非おまかせ下さい